新型コロナウィルス 本日より警戒レベル1からの引き上げ

2020.08.12 Wednesday
0

    Kia Ora!クライストチャーチオフィスのNorikoです。

     

    NZは最後の市中感染が出てから、102日経ったところでしたが

    昨日、オークランドの南の地域で新たな市中感染者が4名見つかりました。

    4名は同じ家族で、感染経路が不明とのことで、

    急遽、本日の正午からオークランドは警戒レベル3、

    その他の地域は警戒レベル2に引き上げることになりました。

     

    以下、在NZ日本国大使館から昨夜届きましたメールを転記いたします。

     

    (転記始まり)
    本11日午後9時20分より、アーデーン首相は記者会見を実施し、オークランドにおいて、

    感染源が特定できていない4件の感染確認事例が発生したことを受け、

    明12日正午より14日(金)の真夜中までの3日間、オークランドにて国内警戒レベル3を導入すること、

    また、同期間、オークランド以外の地域においてはレベル2を導入することを発表しました。

    (転記終わり)

     

    オークランド地域がLevel3(Essential Worker以外は外出禁止、ほぼロックダウン)

    クライストチャーチを含みそれ以外の地域はLevel2です。

     

    Alert Level2

    ソーシャルディスタンスが推奨されます。人の集まりは100人までになります。

    感染を防ぐ努力が必要になります。

     

    学校へは登校できますので、学校生活での生徒さんたちの生活に大きな変化はありませんが、

    バス通学の生徒さんには不便が生じる可能性があります。

    バスの定員が制限されます。バスの中でのソーシャルディスタンスを保つためです。

    使用したバスの記録をする必要があります。

     

    一部キャンセルになるスポーツがでる可能性もありますが、スポーツも続けられます。

     

    弊社、JTCのオークランドオフィスは本日より少なくとも14日金曜日までは閉めております。

     

    今回感染が確認されたのはSouth Auckland在住の50代男性とその家族で4名の陽性が確認されております。

    海外渡航歴はなく、隔離施設関連の仕事にもついておりませんので、現在オークランドではロックダウン中に

    感染源とクラスターの調査を進めております。

     

    昨夜の9時過ぎの発表で本日は落ち着かない日になっておりますが

    生徒さんたちは昨日と変わらず学校へ登校し、学校での指示に従って過ごしています。

     

    また進捗がありましたらお知らせ致します。



                

    NZの高校 - Geraldine High School

    2020.08.10 Monday
    0

      JUGEMテーマ:ニュージーランド

      Kia Ora!こんにちは。オークランドオフィスのNaokoです。

      この週末もあまり良い天気とは言えなかったですが、今年は例年に比べると暖かい冬のような気がしています。

       

      さて、今日紹介する学校は、Geraldine High School です。

      ジェラルディンはクライストチャーチから車で約1時間半南に下ったところにある町で、壮大な山々に囲まれています。

      またビーチも近く、小さい町ですが活気があります。

       

      自然に囲まれていますので、(と言ってもどこも自然に囲まれているNZですが)多くの留学生が挑戦するOutdoor Educationの授業がとても盛んです。

      Outdoor Educationという科目は日本ではあまり馴染みはないですが、体育とはまた違い、カヤックや山登り(それもトイレも自作だったりする本格的なもの・・・)などその名の通り、外で行う科目です。 

       

      国際部の先生からお写真とコメントをもらいましたので紹介します。

       

      Geraldine High School is a rural school of approximately 620 students. We have a range of subjects in our senior school and offer the same subjects that you will find in any other New Zealand schools but in particular we have a well known and well regarded Outdoor Education course for Year 12 and Year 13 students.

       

      やはりOutdoor Educationが有名ですね!

       

       

       

       

       

      At the moment our International Students are half way through their stay with us and they are enjoying a lot of winter activities. Our ski academy goes up skiing every Sunday at one of our local ski fields. During the winter months we will head up to do some skiing and last year we went down to Queenstown and enjoyed a 4 day trip there.

       

      Once the weather starts to improve those International Students taking Outdoor Education will be able to start back enjoying rafting and kayaking on our local river or hiking in the mountains. But before then, they will have to brave the cold once more and make their own snow cave and sleep overnight in it. 

       

      We provide opportunities for students to have new experiences, from school balls to trips outside of school. All of these activities allow students to learn about new places and they have the chance to speak to other kiwi students.

       

      学校によって活動は様々ですが、現在NZは冬ですので、スキーを行っているようです。

      スキートリップでは雪でケーブを作り、そこで一晩を過ごすなんてかなり過酷ですね・・。

      暖かくなったらカヤックやハイキングなどを行うそうです。

       

      国際部にはとても面倒見が良く、日本語も話せる先生がおり、国際部主催の旅行もTermホリデーごとに催行されているので、スクールホリデー中も退屈せずに過ごせそうです。

      以前の学校でも紹介した通り、国際部の旅行はどの学校も行っているわけではないですので、ありがたいですね。

       

      ※写真と英文コメントはGeraldine High Schoolより提供いただきました。

       

       



                  

      NZの高校 - St Hilda's Collegiate School

      2020.08.03 Monday
      0

        JUGEMテーマ:ニュージーランド

        Kia Ora! オークランドオフィスのNaokoです。

        週末はお天気はいまいちでしたが、今日は陽も差して暖かい一日です。

         

        今日はダニーデンにあるSt Hilda's Collegiate Schoolを紹介します。

         

        ダニーデンは南島で2番目に大きな町で、オタゴ大学という医療やスポーツ系に強いNZで一番古い大学があり、学生の町としても知られています。人口の約20%が学生で、45%が30歳以下だそうです。 若い人が多いと活気がありそうですね。

         

        ダニーデンにも多くの高校がありますが、St Hilda's Collgegiate SchoolはYear7からYear13の女子校です。

         

         

        高台にあり、見晴らしが綺麗ですね。

         

         

        生徒数は450人ほどと大きな学校ではないのですが、国際部がしっかりしており、Education Review Officeが発行した学校レポートでは以下のようなコメントをもらったとのことです。

        EROレポートは各学校、数年に一度発行されるもので、どのような教育を行っているのか、サポートはどうかなど細かくチェックされるようです。

        先生方はこのEROレポートの時期が来ると、その準備でかなりストレスが溜まるようです・・。

         

        ERO Report 2020

         

        St Hilda’s Collegiate School

        Provision for international students

        The school is a signatory to the Code of Practice for the Pastoral Care of International Students (the Code) established under section 238F of the Education Act 1989. The school has attested that it complies with all aspects of the Code. At the time of this review, there were 20 international students attending the school.

        The school uses internal evaluation processes very effectively to know about the quality of pastoral care and education provision for international students and to identify areas for improved practice.

        The Director of International Students has used annual review processes and student feedback effectively to identify development priorities and actioned these in a timely way. In particular, structures, programmes and practices to support international students to orient to their new school, form friendships and participate in the life of the school and wider community have been strengthened and are supporting positive social and emotional outcomes. School information shows that almost all international students achieve the New Zealand Qualifications Framework qualifications they enter for. School pastoral and academic monitoring systems are very well used to know about and support the learning and wellbeing of international students. The school board is well informed about both the provision and outcomes of wellbeing and learning support for students.

         

        少し難しい英語ですが、St Hilda'sの国際部は生徒からのフィードバックなどを効果的に利用して生徒が学校に馴染み、勉強にもついていけるようによくサポートしている、というような内容です。

         

        実際にCovid-19で学校が閉まっている間にも、週に何度か国際部より各生徒に連絡し、ホームステイで問題がないか、体調の変化はないかなど確認を行っていたそうです。

        大きな学校ではないので、留学生の数も最大でも30名と、その為に手厚いサポートが可能のようです。

         

        下はトリップの写真です。

         

         

         

        小さめの学校で落ち着いて生活できるのも一つの魅力ですね。

         

        ※写真と英文コメントは全てSt Hilda's Collegiateから提供いただきました。

         



                    

        味千拉麺(オークランド)

        2020.07.30 Thursday
        0

          JUGEMテーマ:ニュージーランド

           

          Kia Ora! オークランドオフィスのMisaです。

           

          先日、オークランドの街の中心部からバスで15分ほどにあるNewmarketにラーメンを食べに行ってきました!

           

          お店の名前は「味千拉麺 Ajisen Ramen」です。

           

          住所:5 Kingdon Street, Newmarket, Auckland

          Newmarketにジャパンマートという日本食材を取り扱うお店があり、そちらの近くにあります。

           

           

          こちら、外観です。

          周りに駐車スペースが少ないので少し離れた場所に駐車しました。

           

           

           

           

          店内の様子です。

           

           

           

           

          お昼時でしたので、家族連れ、近くに語学学校、大学があるので学生さんで賑わっていました。

           

          昨年にできたばかりのお店なので、綺麗で明るく、素敵な雰囲気でした。

          写真では見えない場所にもテーブルがあるので、結構広いです。

           

           

          メニューとオーダー用紙です↓

           

           

           

           

          メニュー価格は、だいたい$19〜$22で、スパイシーやベジタリアン、お子様メニュー、炒飯、どんぶり、からあげなどのサイドメニューがありました。

           

          私はシグニチャーメニューのパイクー麺を注文しました!

          お値段は、$17です。

           

          麺は、Soft(やわらかい)・Normal(普通)・Firm(硬い) から選ぶことができます。

           

           

           

           

          ほろほろになるまで煮込まれたパイクーも麺も、美味しかったです!

           

          味千拉麺のウェブサイトを見ますと、なんと海外に787店舗、日本国内は75店舗あるそうです。

           

           

           

           

           

          日本食が恋しくなることもありますので、世界で愛される日本のラーメン、また食べに来たいと思います。

           



                      

          留学の前にできるようになると良いこと

          2020.07.29 Wednesday
          0

            Kia Ora!クライストチャーチオフィスのKazumiです。

            今日は留学に来る前に是非、身につけて欲しい生活習慣についてなどを中心に書きたいと思います。

             

            まずはこちらの写真を見てください。

             

            こちらはあるホストマザーが生徒のために書いたリストです。

             

            出かける前に再度チェック!

            -ヒーター(暖房)のスイッチは消しましたか?

            -カーテンは開けましたか?

            -家の鍵とバスカードは持ちましたか?

            -誰とどこにでかけるか?何時に帰るのかを教えてください。

             

            一般家庭に滞在するホームステイですが、海外の家庭での滞在といっても生活の基本は日本と同じです。

             

            暖房器具は家庭によっては寝る前に消す、出かける前には当然消す。そして朝起きたら、カーテンを開ける。空気を入れ替えるために窓を小さく開けるなどなど行うことはとても大切です。朝起きたらカーテンを開けるは生活習慣の基本だと思いますが、これができない生徒は意外にも多くいます。朝は自分で起きる、起きたらカーテンを開けるということができると良いです。

             

            暖房器具の消し忘れなどは無駄にしないためにとても大切です。このようなことも自分ごとと受け止めて、当然のようにできると良いと思います。

             

            留学生活で大切なことのひとつは学校を休まないということです。

            朝は学校に遅刻しない時間に自分で起きて学校に行くことがとても大切です。

            NZでは朝ごはんを食べることが大切と言われていて、朝ごはんも食べずに、学校に行ってしまうとホストマザーもとても心配します。日本で食べてなかったから、朝はお腹が空かないなどと言い食べない生徒さんもいますが、ホームステイでそのご家庭の一員になったら、朝食を食べなさいと言われたら、食べてから学校に行くようにしたほうがいいです。たとえそれがバナナ1本だったとしても。

             

            また、学校が終わったら、基本は寄り道をしないことです。学校へ行って、学校が終わったら、家に帰るという生活です。それでも何かスポーツをしたり、友達と少しおしゃべりして帰ったり、何か食べて帰ったりということをしたいと思うのが高校生だと思います。もちろんこのようなことをすることは問題ではありません。ただ、勝手にどこかに行って、帰る時間が遅くなるというのは良くありません。もし何か予定ができたら、できたときにホストファミリーに伝えましょう。その日、そのことの直前に伝えるのはあまり好ましくありません。特に留学の最初のころには、、、滞在の日数もたち、お互いのペースが分かってきたら、それぞれのホームステイ先でのやり方ができてくると思います。ホストに知らせるのがめんどうくさいなどと言って、最後の最後ぎりぎりで約束の時間に間に合わないなどと言うのは良くありません。時間に遅れそうだったりしたら、そうなりそうなのが分かったときに伝えることが大切です。

             

            また、この予定を伝えるということですが、場合によっては許可をとる必要があります。留学の最初のころにまだあまり英語ができないときに『I go to the mall with my friends after school.』と言ってしまうと、勝手に決めたという印象ができてしまいます。『Can I go to the mall with my friends after school?』というように疑問形で聞くとホストマザーも『いいわよ。』という返事になり、勝手に決めたという印象はなくなります。場合によっては『May I』『Would it be OK? ....』というように質問をするとホストとの会話もスムーズになります。

             

            日本のお母さんだったら、言わなくてもわかってくれるということがあったとしても、ホストマザーは日本のお母さんとは違います。必要ことを、自分から話していくことが大切です。

             

            コミュニケーションのことに話がそれましたが、、、生活習慣の違いのひとつに洗濯の習慣の違いもあります。ホームステイ宅に子供がたくさんいたりなど、家族数が多い場合などを除いて、洗濯は週に1、2回で毎日洗濯しない家庭がほとんどです。下着は当然毎日変えてください。またスポーツをして汗をかいたときに着ていた服などは1回でも洗濯をして欲しいですが、たとえば、一回履いたジーンズを特に汚れもないのに、洗濯に出されるのはほとんどの家庭が良い顔はしないと思います。洋服を何回着たら?どんな状態だったら洗濯してもらうべきかなどについても留学前にわかると良いです。日本ではお母さんが洗濯したほうがいいと思って、洗濯してタンスに戻してくれる家庭が多いのではなでしょうか。また、シャワーの時間も10-15分くらいでやめてね。というNZのご家庭がほとんどです。(お湯のタンクの大きさから)NZ人は髪の毛を毎日洗わないので、びっくりしたという生徒がいたりしますが、日本より湿度の低いNZでは日本にいるほど汗をかきません。そのため、洗髪の回数も少ないのではないかと思います。シャワーの時間ですが、なかなか10分、15分といってもわからないことが多いと思います。ある生徒さんが10分間の音楽を用意してシャワーを浴びながら、音楽を聴く、音楽が終わるまでにシャワーも終わるようにしたと話してくれた生徒さんがいましたが、とても良いアイディアだなと感心しました。

             

            NZの生活は日本の生活に比べて、質素、不便であることが多いです。日本の生活が世界の基準ではないということに気づくのも留学の大切なことのひとつだと思います。

             

            日本とNZの生活習慣の違いで気を付けたいことなど、これからもブログにアップしていきたいと思います。

             

            冬のNZですが、先週は晴れてとても気持ちの良い日が続きました。本文とは関係ありませんが、先週撮影されたクライストチャーチの写真をのせます。



                        
            calendar
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << August 2020 >>
            ニュージーランド滞在ならJTC NZ
             他の英語圏と比べて比較的物価の安いニュージーランドへの留学、ワーキングホリデー、ショートステイはJTCにお任せください。 ニュージーランド設立の会社だからこそできる低価格のサポート費用をご提供いたします。 詳細は www.jtc.co.nz をご覧ください。
            ランキング参加してます!
            ★クリックお願いします★ にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
            にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ
            にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
            人気ブログランキングへ
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            links
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM
            2008JUGEMキャラコングランプリ
            キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」