新型コロナウィルス PhD、Postgraduateの学生の入国緩和

2020.10.13 Tuesday
0

    Kia ora! こんにちは。

    今週は天気がぱっとしないオークランドです。 

    桜がちらほらと咲いていましたが、雨で散ってしまったかと思うとちょっと残念です。

     

    さて、昨日NZ政府より新しいお知らせが届きました。

     

    The Government has announced a new border exception category that will allow 250 international PhD and postgraduate students to enter New Zealand.

     

    こちらが原文となる、Education NZからのお知らせですので、ぜひクリックして読んでみて下さい。

     

    PhD(博士課程)、 postgraduate students(大学院生)、250名の入国が可能となるとのことです。

     

    こちらは既に学生ビザを取得済みで、入国制限の為に入国できなかった生徒となります。

    まずはPhDの生徒、PhDの生徒数が250名に満たない場合は、Level9のコースを就学しているpostgraduate studentsが対象となるようです。

     

    対象となる学生は、

    - PhDの学生

    - 医学、獣医学、工学、実験科学、農業研究専攻など実践的な学問を専攻

    - 国外で学習、研究が完了しなかった生徒

    などです。

     

    もちろん14日間の隔離が必要となり、入国できる時期については、その隔離施設の空き状況により、引き続き、NZ国民、永住権保持者が優先となりますので、その空きに入る形となります。

    早ければ11月、来年初めには多くの学生を受け入れたいとのことで、まずは大学院生、大学生からと予想をしておりましたが、学生ビザ保持者が入国できるようになったニュースは、入国制限の緩和の第一歩となり、嬉しく思います。

     

    こちらがスムーズにいくことで、新規の学生にも国境が開かれる日が早くくると良いです。

     

     



                

    新型コロナウイルス オークランドがついに7日からレベル1

    2020.10.06 Tuesday
    0

       

      Kia ora! こんにちは。

      先週から暖かい日が続き、汗ばむような陽気のクライストチャーチです。

      が、天気予報によると、木曜日、金曜日とまた涼しい日が続きそうです。

       

      昨日、アーダーン首相からコロナウイルスの警戒レベルについて政府発表がありました。

      レベル2を継続していたオークランドも7日(水)の夜中からついにレベル1になります!

      下記は、NZ日本大使館から届いたメールからの抜粋です。

       

      (転記始まり)

       

      本5日、アーデーン首相は記者会見を実施し、COVID-19国内警戒レベルについて、「10月7日(水)23:59から、オークランド(現在レベル2)も、他の地域と同じレベル1に移行する。」と発表しました。
      なお、NZ政府は、引き続き接触歴追跡アプリの利用を推奨しているほか、風邪やインフルエンザのような症状がある場合は、かかりつけのGPまたはヘルスライン(0800 358 5453)に電話し指示を仰ぐよう呼びかけています。

      〈警戒レベルに関するNZ政府の発表


      (転記終わり)

       

      13時の政府発表によりますと本日のコロナウイルス新規感染は3件。

      いずれも隔離施設内の帰国者ということです。

       

      また進展がありましたらお知らせいたします。

       

       



                  

      新型コロナウィルス オークランドは23日深夜からレベル2、他の地域は21日深夜からレベル1

      2020.09.21 Monday
      0

        JUGEMテーマ:ニュージーランド

         

        Kia Ora!オークランドオフィスのMisaです。

         

        本日は少し肌寒いですが、晴れていて気持ちの良い、オークランドです。

        春がすぐそこまでやってきているのが感じられます。

         

         

        本日、NZ政府より今後のCovid-19の警戒レベルについての発表がありました。

         

        オークランド以外の地域は本日21日(月)深夜より警戒レベル1へ引き下げとなり、オークランドは9月23日(水)深夜より警戒レベル2へ引き下げとなります。

         

        以下在NZ日本国大使館から届きましたメールを転記致します。

         

        (転記始まり) 

         

        本21日13時、アーデーン首相は記者会見を実施し、今後のCOVID-19国内警戒レベルの設定について、以下のとおり発表しました。

        1.オークランドは、23日(水)23:59から通常のレベル2になる(2.5ではない。集会は100人まで可能となる)。これを2週間継続し、10月5日(月)の閣議で再検討を行う。同閣議で警戒レベル変更の措置が決定された場合、その措置は7日(水)より有効となる。

        2.オークランド以外の地域は、本21日(月)23:59からレベル1に移行する。

        3.公共交通機関を利用してオークランドへ行く場合や、オークランドを出発もしくは通過する場合は、マスクを着用しなければならない。

        〈警戒レベルに関するNZ政府の発表〉
         

        (転記終わり)

         

        オークランド以外の地域は本日深夜より警戒レベル1となりますので、学校行事など延期されていたイベントの開催が可能になることと思います。

         

        また進捗がありましたら、お知らせ致します。

         



                    

        新型コロナウィルス NZ全土で現在の警戒レベルを当面継続 - その2

        2020.09.14 Monday
        0

           

          Kia Ora!クライストチャーチオフィスのNorikoです。

           

          本日クライストチャーチの最高気温は22℃。

          とても暖かかったです。

           

          桜も満開になりましたので、週末は主人とお弁当をもって

          ハグレー公園の桜を観に行きました🌸

           

          日本のような桜並木ですよね。

           

          お花見といっても、NZでは公共の場でお酒を飲むことは禁じられていますので

          桜の木の下で日本のようにお酒を飲んでいる人はいないです。

           

          さて、本日、NZ政府より今後のCovid-19の警戒レベルについての発表がありました。

          9月21日(月)まで、NZ全土において現在の警戒レベル2(オークランドは2.5)が継続されます。

          9月21日(月)の閣議にて再度警戒レベルの見直しがある予定です。

          現状ではオークランド以外の地域では9月21日(月)深夜より警戒レベル1に引き下げられる予定となりました。

           

          以下在NZ日本国大使館から届きましたメールを転記致します。

           

          (転記始まり) 

           

           本14日午後1時、アーデーン首相は記者会見を実施し、今後のCOVID-19警戒レベルの設定について、以下のとおり発表しました。

          1.現在の警戒レベル(オークランド:レベル2.5、その他の地域:レベル2)を少なくとも21日まで維持する。

          2.オークランドの警戒レベル設定については、21日(月)の閣議において、再検討(レビュー)を実施する。同閣議で警戒レベル変更等の措置が決定された場合、その措置は23日(水)より有効となる。

          3.オークランド以外の地域においては、現在の警戒レベル2を継続するが、21日(月)11時59分よりレベル1へ引き下げることを、本日の閣議で原則的に合意した。この引き下げの最終的な判断は、21日の閣議において確認される予定である。

          4.本日より、公共交通機関(飛行機、電車、バス等)におけるフィジカル・ディスタンスの要件を緩和する(例:飛行機は、座席を間引いて運行する必要はなくなる)。ただし、公共交通機関におけるマスクの着用義務は継続される。

          〈警戒レベル継続に関するNZ政府の発表〉

           

          (転記おわり)  

           

          弊社、JTCオークランドオフィスは今週から、オフィス業務を再開しております。

          業務時間につきましては人混みを避けるために午後5時を終業時間と致します。

           

          公共交通機関でのフィジカルディスタンスの要件が本日から解除となりましたので、

          バスでの乗車が断られることなどはほぼ無くなるかと思います。

           

          また進捗がありましたら、お知らせ致します。

           



                      

          警戒レベル2.5 オークランドの街中の様子

          2020.09.11 Friday
          0

            JUGEMテーマ:ニュージーランド

             

            Kia Ora! オークランドオフィスのMisaです。

             

            本日、2回目のロックダウン(警戒レベル3)終了後、現在の「厳しめの警戒レベル2(通称レベル2.5)」へ引き下げとなって初めて、オフィスに出社しました。

             

            JTCのオークランドオフィスの入っているビル内には、1回目のロックダウン終了後、警戒レベル2になったときと同様の表示がありました。

             

             

             

            一度に最大4人までエレベーターに乗ることができ、足元の表示のように距離をとってくださいと書かれています。

             

             

             

             

             

            本日のオークランドは久しぶりに暖かく、とても気持ちの良い、春の訪れを感じるようなお天気でした。

            金曜日だからなのか、それとも警戒レベル2.5(通称)となって1週間ほど経っているからなのか、普段よりも目抜き通り(クイーンストリート)の人通りが多かったように思います。

             

            ニュースなどで見る日本はマスクの着用率がとても高いのですが、ニュージーランドのマスク着用率はあまり高くなく、先ほどのクイーンストリートでの様子ですと、マスク着用率は50%-60%くらいです。

            バスなどの公共交通機関を利用する際はマスクの着用が義務化されており、またスーパーでもマスクや手袋をして買い物に来る人がかなり多いですので、クイーンストリートを歩いている人々のマスク着用率は思っていたよりも低い印象を受けました。

             

             

            現在のオークランドは警戒レベル2.5(通称)なので、店員はマスク着用、そして持ち帰りのみの対応をしているお店も多いようです。

            クイーンストリートにあるゴンチャ(台湾ミルクティーのお店)を覗くと写真のように、店内での飲食ができないようになっています。

             

             

             

             

            注文時には、QRコードからログインをするか台帳へ電話番号などの記録を残すことが求められ、レジ前には他のお客さんと距離をとるようにとのテープも貼られています。

             

             

             

             

            来週14日(月)の政府会見にて警戒レベルの見直しが行われる予定です。

            オークランドではクラスター発生後、毎日数名ですが、Covid-19の感染者が出ていますので、今後の対応が注目されています。

             

            在NZ日本国大使館からの情報が入りましたら、最新情報をお知らせ致します。

             



                        

            新型コロナウィルス 98日ぶりの死亡者

            2020.09.08 Tuesday
            0

               

              Kia Ora! クライストチャーチオフィスのNorikoです。

               

              昨日の新型コロナウィルス新規感染者は4名。

              2名はオークランドのクラスターからの感染者、

              2名は海外からの帰国者です。

               

              しかしながら、9月4日(金)に98日ぶりに

              NZで新型コロナウィルスによって亡くなられた方が2名いらっしゃいました。

              お二人ともオークランドのクラスターからの感染者だそうです。

              1名は50代の男性、もう1名は80代の男性で、

              50代の方が亡くなられたのは、NZでは最も若い死亡者になります。

               

              80代の男性は、元クック諸島の首相でお医者様だった方だそうです。

               

              元クック諸島の首相 Dr.Joseph Williams

               

              こちらのジョゼフ・ウィリアムズ氏は、

              今回のオークランドクラスターが発生した地域の開業医をされていたそうです。

              もう引退の年齢を過ぎていましたが、

              人々を助けることに使命を感じ、80歳を過ぎた今でも診療を行っていたとか。

              クラスター付近の開業医をされていましたが、

              そのクリニックで働いている方、診療した患者さんには陽性者がいないそうです。

               

              また、9月6日(日)より

              国境で働く人で定期的なPCR検査を拒否した場合は、

              1000ドルの罰金が課せられることになりました。

              実際に税関で働く人になぜPCR検査を拒否するのか聞いたところ、

              鼻に綿棒のようなものを入れるという行為が嫌だ、

              と言っていました。そんなものでしょうかね。

               

              警戒レベル2では、100名以上の集まりが禁止されているため、

              今月予定されていた生徒のスポーツ大会や発表会、

              フォーマルパーティなどのイベントが延期やキャンセルになっています。

              生徒たちも楽しみにしていたと思いますし

              私もなるべく生徒のイベントには足を運びたいと思っているので

              なんとか10月にでも開催できると良いです。

               

               

               



                          

              新型コロナウィルス NZ全土で現在の警戒レベルを当面継続

              2020.09.04 Friday
              0

                 

                Kia Ora!クライストチャーチオフィスのNorikoです。

                 

                本日は春のような陽気のクライストチャーチです。

                すでにあちこちで桜の花も咲き始めました!

                毎年思いますが、クライストチャーチの桜もなかな見事です。

                そして、なぜか数週間も見ることができます。

                 

                さて、本日、NZ政府より9月6日(日)以降の警戒レベルについて発表があり、

                9月16日(水)まで、現在の警戒レベル2が継続されるとのことでした。

                9月14日(月)に、再度警戒レベルの見直しがある予定です。

                 

                以下在NZ日本国大使館から届きましたメールを転記致します。

                 

                (転記始まり)

                 

                現在、NZの新型コロナウイルス警戒レベルは各地域とも「レベル2」となっていますが、オークランドについては、「厳しめのレベル2」(便宜的に「2.5」と呼ばれることもあります)となっており、「集会は10人以下、葬儀やタンギハンガ(マオリ式の葬儀)は50人以下」等の追加規制が設けられています。

                 本4日午後1時、アーデーン首相は記者会見を実施し、NZ全土において、現在の警戒レベルを引き続き(少なくとも16日23時59分まで)継続すると発表しました。この警戒レベル設定については、9月14日にNZ政府による再検討が行われる予定です。

                 なお、NZ全土で、公共交通機関を利用する際は、引き続きマスク着用が原則必須となりますので、ご留意ください。

                〈NZ政府COVID専用ページ〉
                ・警戒レベル継続に関する発表
                ・警戒レベル2の内容(オークランドの「厳しめのレベル2」を含む)

                 

                (転記終わり)

                 

                上記にあります通り、オークランドは「厳しめのレベル2」ということで、

                弊社、JTCオークランドオフィスは引き続き閉め、自宅からの勤務となります。

                 

                本日の新規感染者は2名。

                1名はオークランドのクラスターからの感染、

                もう1名は海外からの帰国者だそうです。

                 

                また進捗がありましたら、お知らせ致します。

                 



                            

                新型コロナウィルス マスク義務化開始

                2020.09.01 Tuesday
                0

                   

                  Kia Ora!クライストチャーチオフィスのNorikoです。

                   

                  警戒レベル3だったオークランドは、

                  昨日8月31日より警戒レベル2に下がりました。

                  NZ全土が警戒レベル2です。

                  が、まだオークランドでの市中感染者が収束しているわけではないため、

                  オークランド地方では、他の地域の警戒レベルとは異なり、

                  人の集まりは10人まで、

                  外出時はなるべくマスクを着用することなど、

                  同じ警戒レベル2でもちょっと制限が厳しくなっています。

                  そのことから、アーダーン首相は ’警戒レベル2.5’ と呼んでいます。

                  こういった状況から、

                  JTCのオークランドオフィススタッフは、今週も自宅勤務になりました。

                   

                  そして、昨日31日より

                  NZ全土で公共交通機関でのマスク着用義務が開始しました。

                  ただ「マスク」といっても、スカーフやバンダナでの代用も認められています。

                  公共交通機関でのマスク着用義務第一日目の昨日は9割の人が

                  マスクの着用を守っていたと言われています。

                   

                  日本でもマスクの品薄、高騰がありましたが、

                  NZはどうなのかな?と思い、

                  モール内のファーマシー(薬局)調査をしてきました。

                  こちらのファーマシーはチェーン店で

                  いろいろなところにあるとても一般的なファーマシーです。

                   

                  とりあえず、マスクが品薄ということはないようです。

                  山積みになって売っていました。

                   

                  10枚で$39.99-。1枚あたり大体 $4-(約280円)ですね。

                   

                  こちらは50枚で$69.99-。1枚あたり大体$1.40 (約98円)。

                   

                  ただお値段は以前よりちょっと高くなった気がします。

                  日本でもそうですが、マスクとしては高い、

                  けれど買えないほど高くはない、、、というのがみそですね。

                   

                  洋服のお直しのお店もマスクを作っているらしく

                  こんな張り紙が。どんなマスクか見れないのが残念です。

                   

                  こちらは$15-(約1,050円)ですね。

                  日本でもこんなものでしょうか。

                   

                  モール内には、ジャパンマートという

                  日本の食材や雑貨を売っているお店もあるのですが

                  こちらは日本製のマスクがあったのでしょうか?売れ切れ。

                   

                   

                  その他、手のアルコール消毒やアルコール入りのウェットティッシュ、

                  使い捨ての手袋などもたくさん店頭に並んでいました。

                  今お子さんがNZに留学中という親御さんも

                  こういったものは、いつでも簡単に手に入りますのでご安心下さい。



                              

                  新型コロナウィルス 公共交通機関利用時のマスク義務化等

                  2020.08.28 Friday
                  0

                     

                    Kia Ora! クライストチャーチオフィスのNorikoです。

                     

                    昨日は日中突然雹が降ったクライストチャーチですが、

                    本日は最高気温16度。明日、明後日は20度にまでなるそうです。

                    クライストチャーチは街中のハグレー公園の桜が

                    毎年9月になると本当に見事なのですが🌸

                    この週末で桜のつぼみも一気に膨れそうです。

                    NZの春の象徴である水仙はすでにあちこち満開です!

                     

                    さて、先日もお知らせしました通り、

                    NZもついに来週から公共の交通機関では、マスク着用が必須となりました。

                    マスクがなければ、スカーフやバンダナでも良いようです。

                    しかし、着用義務に違反した場合は、

                    なんと1000ドルの以下の罰金の可能性もあるとか。

                     

                    在ニュージーランド日本大使館から届きましたメールを転記します。

                     

                    (転記始まり)

                     

                    【要点】
                    * 31日より、公共交通機関利用時のマスク着用が義務化されます(違反者には罰則あり)。
                    * 9月4日より、公共交通機関のQRコード掲示も義務化され、NZ政府は接触歴追跡アプリの利用を推奨しています。

                    【本文】
                    1.マスク着用の義務化
                     NZ政府は、31日より、警戒レベル2以上の地域(=NZ全土)にて、公共交通機関(バス、列車、航空機等)利用時のマスク着用を義務化すると発表しました。ただし、以下等の場合は、着用は必須ではありません。
                     ・12歳未満の子供
                     ・タクシーやUber等、少人数車両の乗客(運転手は着用必須)
                     ・スクールバスやチャーターバスの乗客
                     ・北島−南島間フェリー(Interisland ferries)の乗客
                     ・障害や身体的・精神的な健康上の理由によりマスク着用が適さない方
                     ・耳の不自由な方とコミュニケーションを取る必要がある場合等

                     なお、マスクがない場合は、スカーフやバンダナを代用することも認められます。また、着用義務に違反した者は、1,000NZドル以下の罰金を科される可能性もありますので、ご留意ください。
                    〈NZ政府の発表〉
                    https://www.beehive.govt.nz/release/use-face-coverings-public-transport-outlined

                    2.公共交通機関QRコード掲示の義務化
                     26日、NZ政府は、「公共交通機関(バス、電車、フェリー、ライドシェア(相乗りサービス)、タクシー等)の運行業者に対し、9月3日午後11時59分(実質9月4日)より、QRコード(NZ政府公式の接触歴追跡アプリに対応するもの)を掲示することを義務付ける」と発表しました。
                     NZ政府の発表は、事業者によるQRコード掲示を義務化するものであり、接触歴追跡アプリのインストールを一般市民に強制するものではありません。一方、同コードをスキャンすることは推奨されています。
                    〈QRコード掲示に関するNZ政府の案内〉
                    https://www.health.govt.nz/our-work/diseases-and-conditions/covid-19-novel-coronavirus/covid-19-novel-coronavirus-resources-and-tools/nz-covid-tracer-app/nz-covid-tracer-qr-codes

                    〈接触歴追跡アプリのダウンロード〉
                    https://www.health.govt.nz/our-work/diseases-and-conditions/covid-19-novel-coronavirus/covid-19-novel-coronavirus-resources-and-tools/nz-covid-tracer-app

                     なお、NZ政府は、公共交通機関に限らず、各個人が接触歴を記録することを推奨しています。上記アプリ、又は、メモや写真等で、いつ、どこで、誰と会ったか(3W:Where, When, Who)を記録することをお勧めします。
                    〈接触歴の記録方法に関するNZ政府の案内〉
                    https://covid19.govt.nz/health-and-wellbeing/protect-yourself-and-others/keep-track-of-where-youve-been/

                     

                    (転記終わり)

                     

                    Norikoも接触歴追跡アプリをダウンロードして使用していますが

                    アプリの使い方は至って簡単でした。

                    Norikoはコロナ禍で何しろ引き込もりのため、

                    JTCとスーパーの履歴しかありません。笑

                    それでもどこに行ってもQRコードをスキャンする習慣が身についてきたことは

                    良かったのかなと思います。

                    何事も小さな習慣の積み重ねですね。

                     



                                

                    新型コロナウィルス オークランドは30日深夜まで「レベル3」、その他の地域は当面「レベル2」

                    2020.08.25 Tuesday
                    0

                       

                      Kia Ora!クライストチャーチオフィスのNorikoです。

                       

                      昨日8月26日(水)以降の警戒レベルについて首相の記者会見がありました。

                      8月30日(日)まで引き続きオークランドはレベル3、それ以外の地域はレベル2、

                      8月31日(月)からはオークランドもレベル2となりますが、

                      9月6日(日)までに再度見直しがある予定です。

                       

                      以下在NZ日本国大使館から届きましたメールを転記致します。

                       

                      (転記始まり)

                       

                      本24日午後3時、アーデーン首相は記者会見を実施し、新型コロナウイルスの国内警戒レベルについて、以下のとおり発表しました。

                      1.オークランドにおける警戒レベル3を、30日23時59分まで延長する。オークランド以外の地域は、引き続きレベル2(集会等における人数制限は100名)を維持する。

                      2.30日23時59分(実質31日)より、オークランドもレベル2となり、各種ビジネスや学校などを再開出来るが、集会等における人数制限(10名まで。葬式は50名まで)が課される。

                      3.30日23時59分(実質31日)以降は、NZ全土で、公共交通機関(バス、電車、フェリー、飛行機、タクシー、ウーバー等)を利用する際に、マスク又は顔面を覆う代用品の着用が必須となる。

                      4.警戒レベル設定については、9月6日までにNZ政府による再検討が行われる。

                       

                      (転記終わり)

                       

                      上記の発表に伴い、弊社、JTCオークランドオフィスは引き続き、

                      8月28日(金)まで閉め、自宅からの勤務となり、

                      8月31日(月)からは通常営業となる予定です。

                      また見直し後、変更がございましたらお知らせ致します。

                       

                      今までの警戒レベル2と大きく異なるのは

                      NZでも公共交通機関を利用する際に

                      ついにマスクの着用が義務付けられたことです。

                      NZは警戒レベル4のロックダウン中でも

                      必要不可欠な職業の人以外は、マスクの着用は勧めらてもいませんでした。

                      普段からマスクをする習慣がない国なので

                      今回初めてマスクをするというNZも少なくないかもしれませんね。



                                  
                      calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << October 2020 >>
                      ニュージーランド滞在ならJTC NZ
                       他の英語圏と比べて比較的物価の安いニュージーランドへの留学、ワーキングホリデー、ショートステイはJTCにお任せください。 ニュージーランド設立の会社だからこそできる低価格のサポート費用をご提供いたします。 詳細は www.jtc.co.nz をご覧ください。
                      ランキング参加してます!
                      ★クリックお願いします★ にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
                      にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ
                      にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
                      人気ブログランキングへ
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      2008JUGEMキャラコングランプリ
                      キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」