<< セブンス・ワールドシリーズ | main | クライストチャーチ大地震で崩壊したCTVのレポートが発表されました >>

体験者の声ーワーキングホリデー編

2012.02.09 Thursday
0
    今回のお客様の体験談は、ワーキングホリデービザで2011年4月からオークランドに滞在し、ニュージーランドのランニングやスイミングのレースに積極的に参加している方からいただきました。

    こんにちは。ワーホリで来てるのに、ランとスイムのレースしかやってないブログ代理のTです。


    最近、知り合い3組+自分達が一斉にトンガリロナショナルパークに行った為、紹介させてもらいます。


    ナショナルパークは、主に3つの山から成り立っていて、人気の登山スポットは、そのうちの2つの山、MtトンガリロとMt Ngauruhoe(名前忘れた)の間を渡る19kmの登山ルートが非常に人気です※JTC注釈ナウルホエですね。

    Morisawa3

    1日がかりですが、7,8時間程度で歩ける場所で有名な(緑の泉)?が見えます。もし、晴天なら遠くにタウポも見えるはずです。

    特に靴も登山靴などではなく、普通の靴で大丈夫ですし、NZの山は非常に整備されているので割と安全です。


    しかし、私達のグループだけは、違いました。

    私達は、トレイルランニングのレースでナショナルパークを訪れたため、人気ルートを通ることの無いコースで、Mt Ngauruhoe ともう1つの山、Mt ルアペフの間を縫うように26kmを走るコースでした。


    ちなみにMt ルアペフは、3山の内一番大きな山で、NZ北島で最大の標高をしめます。また冬にはスキー場も始まり、南島のマウントハットほどでは無いですが、盛り上がる山です。

    Moriswa4

    しかし、夏のナショナルパーク内3山は元々活火山の山で近年噴火もしたらしく、今でも岩・砂など荒野の場所ですが、少し離れると草地・森の場所もあり予想よりもバラエティ豊かな場所です。

    ナショナルパークのレースでは、走り始めに砂から始まり、岩、草地、砂となりながらも、段々草地の割合が増え、やがて森に到達します。


    この森に入る前、全工程26km20km程度の場所で、長々と登らされ、無心の状態に入った頃、そこの頂上に到達すると絶景が広がっていました。その日は晴天のため、非常に遠くまで見通せ左右には荒野、また万年雪が少し残る2つの山がはっきりと見え、その後下りだった事もあり、文字通り爆走しました。

    Morisawa5


    前を走る人も、どんどん抜ける。森に入っても抜き続ける勢いでしたが、調子に乗りすぎたのか枝に足取られて、薬指の感覚がなくなるほど思い切り転び、爆走は終了です。次は失速の番でした。

    何だかんだで3時間と少しでゴールしたのですが、ゴール地点から再度Mt ルアペフを見ると雲に包まれてました。

    やはり、山の天気は変わりやすいようです。


    レース中、写真撮る気力は無いため、参考にならない写真しかありませんが、ナショナルパークはオークランドから約6,7時間ほど。運転手の気力が続けば、12日で帰ってこれる場所です。

    今の時期は、晴れの日が多いためか非常に人気ですが、今が行き時だと思います。


    長々とレースの要らない情報も書き込みましたが、NZは、世界でスポーツをするのが好きな国「3位」に入るほどスポーツが盛んな国です。日本では考えられませんが、サマータイムに入ると午後6時過ぎから1時間程度のレースや大会を各地方行う所が多いです。

    ここオークランドも、平日にはランニング、スイミングなどのアウトドアレースから、スカッシュ大会などのインドアも盛んです。オークランドドメインに行けば、クリケットとサッカーは、夕方から人が沢山集まって行っています。登山や釣りも非常に人気があり、普通の場所では、整備などは日本より安全な形になっています。

    マウントクック登頂などは、危険地帯のため整備なんてありませんが、観光地的な場所ならば大丈夫です。

    もし、オークランドは暇だな。と思ったら今までやったことのないスポーツを楽しんではどうでしょうか?

    私も最近スカッシュを1回経験したのですが、非常に運動量も多く、面白いです。

    暇な時に一振りなど、やりたい事が増えれば僥倖かなとか考えてます。

    Morisawa6

    Morisawa2

    Morisawa1

    ニュージーランドの夏の時期は夜9時前ぐらいまで明るいですので、冬は6時で閉まる公園も今は9時まで開いており、ランニングをする人たちが多くいます。

    ニュージーランドはゆっくりした時間の流れと自然を楽しめる国です。
    日本ではなかなかやろうと思っても時間がなくできなかったスポーツを楽しむ、というのも一つのよい経験ですね!

    JTCの会員さんの中でも、様々なワーキングホリデーの過ごし方があり充実しているなあと思うことが多々あります。

    またそんな体験談を随時紹介させていただきたいと思います!

    ワーキングホリデーに関するご質問はこちらまで。




                
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    ニュージーランド滞在ならJTC
     他の英語圏と比べて比較的物価の安いニュージーランドへの留学、ワーキングホリデー、ショートステイはJTCにお任せください。 ニュージーランド設立の会社だからこそできる低価格のサポート費用をご提供いたします。 詳細は http://www.jtc.co.nz をご覧ください。
    ランキング参加してます!
    ★クリックお願いします★ にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
    にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ
    にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
    人気ブログランキングへ
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    2008JUGEMキャラコングランプリ
    キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」