<< 中間発表会&ACEテスト | main | 富士見の生徒さん今年も北島で留学中です その1 >>

高校留学を終えてからの人生…35年経ってみると

2018.08.26 Sunday
2

昔、昔… の写真です。

 

私はPunxtawney Area SchoolのClass of 81です。 35年以上も昔、私はアメリカの公立高校に1年間留学をしました。 高校留学をした後の人生の方がずっと長くなってみて…強く思うことがあります。  留学体験は、やっぱりその後の人生に大きな影響を与えるものだな...と。 「よい」とか「悪い」ではなく、留学してみなければ得られない強烈な「何か」を人生に与えてしまう経験が留学ではないでしょうか。 10代の時にそれまでの日本での生活とは異なる文化の中で生活するという体験が脳に与える刺激は、強大です。

 

留学中の多くのことは、その後の人生の中で(なにせ35年以上の時間が流れてしまいましたから...)忘却されてしまいましたが、その後の私の人生に大きな影響を与えてくれた特別の1年間だったと思います。 留学前と留学後の自分を比べて、特別に英語力が高まった…というわけではなかったものの、異文化の中で一人で暮らした経験を経て、何らかの自信を得たことは間違いがありません。

 

留学した方が得か? 損か?? という質問を時々受けますが、損得で考えるよりも『留学後どう生きるか』によっていつでも留学の意味が変わってしまうと考えると、留学しても留学しなくても『どう生きるか』の部分は誰にとっても何も変わらないのだと答えるさせていただいています。 一度留学してしまえばしなかった自分には戻れませんし、留学しなかったら「あの時留学すれば...」と後悔するかもしれません。 日本にいてもNZにきても学生さんは勉強をしないといけませんし、安全と健康に気をつけて暮らすことは大切です。

 

それでも、留学することで得られるものは確かにたくさんあり、35年経った今でも留学しなければよかった...と(留学中は布団被って泣きながら何度か思いましたが)思ったことは、留学後は一度もありません。  もし留学することを迷っている生徒さん、親御さんがこれを読まれておられましたら、「何が不安なのか」をご相談いただければ幸いです。 私たちにお手伝いできること、出来ない事を率直にお話しさせていただきたいと私たちはいつも願っております。

 

35年振りに会った一緒に留学していた友人は「俺たち...あの時戦っていたよな...」と呟いていました。

言葉も通じず、体の大きなアメリカ人や他国からの留学生の中で、確かに「戦い」の日々だったかもしれません。 戦っていた相手は幼く何もできない「自分」 留学は実は苦しい日々だったかもと久し振りに思い出しました。 現在NZで「戦っている」生徒さんたちに少しだけ、優しくしてあげようかなと思う私です。

 

 

 

 

 

 

 



            
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ニュージーランド滞在ならJTC NZ
 他の英語圏と比べて比較的物価の安いニュージーランドへの留学、ワーキングホリデー、ショートステイはJTCにお任せください。 ニュージーランド設立の会社だからこそできる低価格のサポート費用をご提供いたします。 詳細は www.jtc.co.nz をご覧ください。
ランキング参加してます!
★クリックお願いします★ にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ
にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
人気ブログランキングへ
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」