<< NZの高校 - Rangiora High School | main | 味千拉麺(オークランド) >>

留学の前にできるようになると良いこと

2020.07.29 Wednesday
0

    Kia Ora!クライストチャーチオフィスのKazumiです。

    今日は留学に来る前に是非、身につけて欲しい生活習慣についてなどを中心に書きたいと思います。

     

    まずはこちらの写真を見てください。

     

    こちらはあるホストマザーが生徒のために書いたリストです。

     

    出かける前に再度チェック!

    -ヒーター(暖房)のスイッチは消しましたか?

    -カーテンは開けましたか?

    -家の鍵とバスカードは持ちましたか?

    -誰とどこにでかけるか?何時に帰るのかを教えてください。

     

    一般家庭に滞在するホームステイですが、海外の家庭での滞在といっても生活の基本は日本と同じです。

     

    暖房器具は家庭によっては寝る前に消す、出かける前には当然消す。そして朝起きたら、カーテンを開ける。空気を入れ替えるために窓を小さく開けるなどなど行うことはとても大切です。朝起きたらカーテンを開けるは生活習慣の基本だと思いますが、これができない生徒は意外にも多くいます。朝は自分で起きる、起きたらカーテンを開けるということができると良いです。

     

    暖房器具の消し忘れなどは無駄にしないためにとても大切です。このようなことも自分ごとと受け止めて、当然のようにできると良いと思います。

     

    留学生活で大切なことのひとつは学校を休まないということです。

    朝は学校に遅刻しない時間に自分で起きて学校に行くことがとても大切です。

    NZでは朝ごはんを食べることが大切と言われていて、朝ごはんも食べずに、学校に行ってしまうとホストマザーもとても心配します。日本で食べてなかったから、朝はお腹が空かないなどと言い食べない生徒さんもいますが、ホームステイでそのご家庭の一員になったら、朝食を食べなさいと言われたら、食べてから学校に行くようにしたほうがいいです。たとえそれがバナナ1本だったとしても。

     

    また、学校が終わったら、基本は寄り道をしないことです。学校へ行って、学校が終わったら、家に帰るという生活です。それでも何かスポーツをしたり、友達と少しおしゃべりして帰ったり、何か食べて帰ったりということをしたいと思うのが高校生だと思います。もちろんこのようなことをすることは問題ではありません。ただ、勝手にどこかに行って、帰る時間が遅くなるというのは良くありません。もし何か予定ができたら、できたときにホストファミリーに伝えましょう。その日、そのことの直前に伝えるのはあまり好ましくありません。特に留学の最初のころには、、、滞在の日数もたち、お互いのペースが分かってきたら、それぞれのホームステイ先でのやり方ができてくると思います。ホストに知らせるのがめんどうくさいなどと言って、最後の最後ぎりぎりで約束の時間に間に合わないなどと言うのは良くありません。時間に遅れそうだったりしたら、そうなりそうなのが分かったときに伝えることが大切です。

     

    また、この予定を伝えるということですが、場合によっては許可をとる必要があります。留学の最初のころにまだあまり英語ができないときに『I go to the mall with my friends after school.』と言ってしまうと、勝手に決めたという印象ができてしまいます。『Can I go to the mall with my friends after school?』というように疑問形で聞くとホストマザーも『いいわよ。』という返事になり、勝手に決めたという印象はなくなります。場合によっては『May I』『Would it be OK? ....』というように質問をするとホストとの会話もスムーズになります。

     

    日本のお母さんだったら、言わなくてもわかってくれるということがあったとしても、ホストマザーは日本のお母さんとは違います。必要ことを、自分から話していくことが大切です。

     

    コミュニケーションのことに話がそれましたが、、、生活習慣の違いのひとつに洗濯の習慣の違いもあります。ホームステイ宅に子供がたくさんいたりなど、家族数が多い場合などを除いて、洗濯は週に1、2回で毎日洗濯しない家庭がほとんどです。下着は当然毎日変えてください。またスポーツをして汗をかいたときに着ていた服などは1回でも洗濯をして欲しいですが、たとえば、一回履いたジーンズを特に汚れもないのに、洗濯に出されるのはほとんどの家庭が良い顔はしないと思います。洋服を何回着たら?どんな状態だったら洗濯してもらうべきかなどについても留学前にわかると良いです。日本ではお母さんが洗濯したほうがいいと思って、洗濯してタンスに戻してくれる家庭が多いのではなでしょうか。また、シャワーの時間も10-15分くらいでやめてね。というNZのご家庭がほとんどです。(お湯のタンクの大きさから)NZ人は髪の毛を毎日洗わないので、びっくりしたという生徒がいたりしますが、日本より湿度の低いNZでは日本にいるほど汗をかきません。そのため、洗髪の回数も少ないのではないかと思います。シャワーの時間ですが、なかなか10分、15分といってもわからないことが多いと思います。ある生徒さんが10分間の音楽を用意してシャワーを浴びながら、音楽を聴く、音楽が終わるまでにシャワーも終わるようにしたと話してくれた生徒さんがいましたが、とても良いアイディアだなと感心しました。

     

    NZの生活は日本の生活に比べて、質素、不便であることが多いです。日本の生活が世界の基準ではないということに気づくのも留学の大切なことのひとつだと思います。

     

    日本とNZの生活習慣の違いで気を付けたいことなど、これからもブログにアップしていきたいと思います。

     

    冬のNZですが、先週は晴れてとても気持ちの良い日が続きました。本文とは関係ありませんが、先週撮影されたクライストチャーチの写真をのせます。



                
    コメント
    コメントする









    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    ニュージーランド滞在ならJTC NZ
     他の英語圏と比べて比較的物価の安いニュージーランドへの留学、ワーキングホリデー、ショートステイはJTCにお任せください。 ニュージーランド設立の会社だからこそできる低価格のサポート費用をご提供いたします。 詳細は www.jtc.co.nz をご覧ください。
    ランキング参加してます!
    ★クリックお願いします★ にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
    にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ
    にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
    人気ブログランキングへ
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    2008JUGEMキャラコングランプリ
    キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」