80万人の生徒が8週間ぶりに登校  Thank you for everyone in NZ !

2020.05.18 Monday
0

    JUGEMテーマ:ニュージーランド

    5月18日(月) 本日 80万人の生徒が8週間ぶりに登校しました

     

    警戒レベル2 になって5日目です。

    今日から登校が始まった学校が多くあります。

    明日や明後日から登校するという現地校もありますが JTC留学生の多くが本日8週間振りに教室に戻りました。  新しい「暮らし方」で 満員電車やバスに乗ることはできなくなりましたので 遅刻などせずに 早めの登校を この週末にアドバイザーさんたちからもお願いしていますが どうだったのでしょうか。

     

    先程NZ政府から発表されたところによると

     1月22日から5月17日までに行われたテスト件数は 230,718件で 最近の1日の平均テスト数は5218件

     

      そして  本日も新規感染者は 0 人 でした

     

     累計感染者数は 1499人

     回復者数は   1433人 (96%の回復率)

     累計死亡者数は  21人

     

    現在入院中の患者さんは2人だけで、現在の回復していない感染者は 45人 です。

     

    NZは 国境封鎖を継続している現在の状態においては COVID-19の感染撲滅に近づいていると言えそうで 

    これは正にNZに暮らす人々の多くが それぞれに頑張って手に入れた勝利だと思います。

     

    Lock Downをしていた日々 NZ首相だけでなく 多くの人がお互いに常に 感謝の言葉をおくりあってきました。

    お互いを讃え、励まし、一緒に苦労を共にしてきた経験は 尊いものだと感じています。

     

      新聞に日々 NZ政府からの COVID-19関連記事の最後に

            Thank you for ○○○○ というメッセージが載っていました。

     

     Please と Thank you は NZでは大切な『Magic Word』です。 

    一緒に暮らしていくNZ社会の中で どんな状況でも 常に心からの感謝を お互いに伝えあいたいと思います。

     

     

    NZ政府からの広報は いつも早めに 詳しいけれど簡潔な言葉で

    日々私たちがどうすごせばよいかをお知らせくださいます。

     

    以前と同じ暮らしには たぶん戻ることはないかもしれません。

    新しい暮らし方で 私たちは生きていくのだと思います。

     

    感謝の気持ちと言葉だけは 変わらず、忘れずに伝え続けましょう。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     



                

    警戒レベル2生活スタート

    2020.05.14 Thursday
    0

      Kia ora!クライストチャーチオフィスのNorikoです。

       

      ついに今日から警戒レベル2スタート!

      今朝は久しぶりの濃霧の中、いつも通りランニングで1日をスタート!

      ランニングを終えて日の出直前の自宅前。

      今日の日の出時間は、7:36am。日の入は、5:17pm。

      段々、陽が短くなって来ました( ;∀;)冬だぁ。

       

      ランニング中に会った人に(もちろん知らない人です)

      ‘Happy Level2 day!’(警戒レベル2、やったね!)と言われ、

      お互い’Yay!!!’と言って喜びを分かち合いました。

      私たち頑張ったよね!やり遂げたよね!

      という一体感を感じました。

      私がNZっていいな、NZ人っていいなと思うところです。

       

      JTCのクライストチャーチオフィスは南島最大のモール、

      ウェストフィールドリッカートンモールの中にあります。

      警戒レベル2になり、こちらのモールも今日から開店。

       

      モールの入り口には、

      「人と人の距離を2メートル以上取るように」というサインがありました。

       

      こうやって改めてみると、2メートルって結構な距離ですよね。

       

      ↓「2メートル間隔をあけましょう」というサイン。

      入り口には除菌剤も設置されていましたが

      各店舗の入り口にも除菌剤が置かれていたり、

      お店のスタッフが除菌剤を持って待っていました。

       

      ↓「店内は10名まで」のサイン。

      各店舗の入り口には、店の定員が表示されていて、

      万が一感染者が出た場合にすぐに連絡が取れるように

      来客の記録(名前・携帯番号・住所など)を取らなくてはいけません。

      何かほしいわけでも買うわけでもないのに

      ふらふらとウィンドウショッピングなんて出来ないですね。

       

      フードコートのテーブルは、クリーナーの人たちが

      どんどん除菌して

      ‘Sanitised’(除菌済み)のカードを置いていきます。

       

      ベンチは感染のリスクがあるので使用禁止です。

       

      しかし、皆さん、何を買っているのかわかりませんが

      モールは激込みです。

      一番混んでいたのは、散髪屋さんですがこれは納得ですね。

      7週間も髪を切れなったのですから。

       

      NZに留学中のJTCの生徒さんたちも

      来週から待ちに待った学校が始まります。

      みんなとっても楽しみにしているようです。

       



                  

      新型コロナウィルス 警戒レベル2への引き下げ

      2020.05.12 Tuesday
      0

        JUGEMテーマ:ニュージーランド

         

        Kia ora!クライストチャーチオフィスのNorikoです。

         

        昨日午後4時のNZ首相の記者会見で警戒レベル3が明日で終了し、

        今週の木曜日から警戒レベル2に変更になるという発表がありました。

         

        これにより、5月18日(月)から学校も再開されることになりました。

         

        警戒レベル2に関する在NZ日本大使館からのメールを転記します

         

        (転記始まり)

        ・11日,NZ政府は,新型コロナウイルスに関する4段階の警戒システム(COVID-19 Alert System)のレベルを,5月14日(木)より「レベル2」へ引き下げると発表しました。
        ・新型コロナウイルスの各種対応のため,現在,当館の領事窓口対応は事前予約制となっています。「レベル2」は14日(木)からですが、当館入居ビルの対応が決定していないため,しばらくの間は領事窓口の予約制を継続します。通常の窓口対応の再開時期等については,改めて当館HPでご案内します。

         レベル2における行動制限等について,NZ政府が述べている内容の概要は,以下のとおりです。
        〈NZ政府のコロナ専用サイト〉
        https://covid19.govt.nz/alert-system/alert-level-2/
        〈11日アーデーン首相のレベル2に関するスピーチ〉
        https://www.beehive.govt.nz/speech/level-2-announcement

        1 安全な行動を(Play it safe)
        ・COVID-19はまだ存在しています。安全に行動しましょう
        ・公共の場では,他の人から距離を保ちましょう。
        ・体調不良時は外出を控えましょう。
        ・風邪やインフルエンザの症状がある場合は、医師またはヘルスラインに電話して検査を受けましょう。
        ・手を洗いましょう。
        ・くしゃみや咳をする際は,肘で口元を覆いましょう。
        ・自己隔離を指示された場合は,すぐに従いましょう。
        ・どこに行ったか,誰に会ったかを記録しましょう。
        (11日の記者会見で,アーデーン首相は,マスクの着用は強制しないと述べています。)

        2 生活
        ・安全に運営可能なビジネスは再開できます。
        ・学校等を再開することができます。(18日以降)
        ・地域(region)をまたいで移動できます。
        ・結婚式や葬儀等の集まりには、最大10人まで参加できます。
        ・親しい友人や家族とは,10人以下のグループで安全に交流することができます。
        ・地元のレストランやカフェ等に行くことができます。但し,これらの施設は,きちんと他の人から距離をとることが求められています。
        ・バーやナイトクラブの営業再開は原則5月21日以降です。
        ・10人以下であれば,通常のレクリエーション活動を再開できます。

        3 レベル2でのCOVID-19抑止対策
        ・他の人との物理的な距離を保つことが求められます。
        ・厳格な国境管理は継続されます。
        ・広範囲なPCR検査が継続されます。
        ・体調不良者及びその濃厚接触者に対し,自己隔離が求められます
        ・小規模かつ管理された集会のみ許可されます。

        4 個人の行動
        ・公共の場所では,他の人から距離を保ってください(できれば2メートル)。
        ・カフェ,教会,集会,レストラン等では,他のグループから1メートルの距離を保ってください。
        ・公園やショッピングモール,散歩中に知らない人に近づく際は,特に注意してください(万が一の場合,接触者の特定が困難であるため)。

        5 集会,イベント等
         友人や家族を家に招き入れることができますが,人数は10人以下,時間は2時間以内です。家以外の場所における集会(結婚式,葬儀,家族イベント等)も,10人以下,2時間以内とされており,参加者を記録する必要があります。
         博物館,図書館,映画館,マーケット等の公共施設が再開できます。いずれの施設も,人と人との間の物理的距離をとることが求められています。
         スポーツ・レクリエーション施設は,参加者グループを1メートル離すこと,10人を超えるグループがないこと,スタッフを除く利用者が100人を超えないことなどが求められます。

        6 運動,スポーツ,レクリエーション
         レベル3で禁止されていた以下のアクティビティが可能になります。また,ラグビーやネットボールのプロリーグも再開できます。
        ・保護区域(public conservation land)における狩猟等
        ・公共プールでの水泳
        ・ジム
        ・ボート等のウォータースポーツ

        7 職場とビジネス
         ビジネスの現場では,以下の要件を満たす必要があります。
        ・敷地内に入る全ての顧客等を適切に記録すること。
        ・顧客グループの間に1メートルの距離を保持すること。顧客の記録ができない場合は2メートルの距離を保つこと。
        ・顧客グループは10人以下とし,応対時間は2時間以内とすること。

         カフェやレストラン,バーのほか,ハードウェア,ガーデニング用品,衣料品,精肉,パン,魚介類の販売店も再開できます(バーやナイトクラブの営業再開は原則5月21日以降)。美容院や訪問サービス等,特に密接な接触を伴う事業については,以下の条件が求められます。
        ・接触者を追跡できる確固たるシステムを導入すること。
        ・適切な衛生措置を維持すること。
        ・接触を必要最小限に抑えること。

        8 移動,交通
         国内移動が可能となりますが,どの移動サービスを利用したか,誰と接触したかを記録する必要があります。他のグループからは距離を保ち,目的地以外への立ち寄りは,最少限に抑えなければなりません。公共交通機関の利用は自分で制限するか、混雑時を避けて利用するようにしましょう。また,飛行機その他の交通機関を利用する場合は,運航者の指示に従ってください。

        9 教育
         幼児教育サービス,学校,高等教育施設は再開可能です。
        (転記終わり)
         

        JTCも木曜日よりオフィスを再開致します。



                    

        オンライン学習状況

        2020.05.09 Saturday
        0

          JUGEMテーマ:ニュージーランド

           

          Kia Ora!クライストチャーチオフィスのNorikoです。

           

          本日NZの新たな新型コロナウィルス感染者は2名。

          2名とも既知のクラスターからの感染とのこと。

          市中感染者が出ていないということが何よりです。

           

          Level2への光も見え始め、穏やかな秋晴れが続いています。

          今日もスーパーにお買い物に行きましたが

          心なしか、皆リラックスしてきているように見えます。

           

          Term2が始まって、今週で早くも4週目が終わりました。

          過去のブログでもお知らせしている通り、

          只今NZに留学中のJTCの生徒さんは全員、

          ホスト宅または寮で、オンライン学習中です。

          普段からデバイスを使った授業が行われているNZですが

          それでもオンライン学習は自主性が問われるうえに

          尚且つ、母国語ではなく英語で取り組まなくてはなりません。

          留学生にはなかなかハードルが高いことですが

          その分、語学力を身につけることができることができるでしょう。

           

          通常は先生の指示がわからなくても

          近くにいるお友達が助けてくれたりしていましたが

          オンライン学習では、自力で英語で理解し、

          わからない場合は自分から先生に聞かなくてはなりません。

          今まで以上に能動的な姿勢が問われます。

           

          学校や教科や先生によっても異なりますが、

          オンライン学習といっても、オンラインで授業があるというよりも

          オンラインで課題が出され、それをいつまでに提出する、

          という形が多いようです。

           

          JTCの生徒さんたちも最初は指示がよくわからず、

          戸惑うことも多かったようですが、

          生徒さんたちの4月のレポートを読むと

          段々と軌道に乗ってきているようです。

           

          NZの多くの学校では、

          Weekly Report(毎週)やFortnight Report(隔週)という

          生徒の学習レポートを発行しています。

          こちらは成績表というよりも、学習態度を評価したものです。

          遅刻せずに出席しているか、

          意欲的に授業に取り組んでいるか、

          提出物を期日までに提出てしているか、

          といったことを評価しています。

           

          JTCにもいくつかこういったレポートが届いています。

          提出物はもちろんのこと、

          オンラインでのミーティングに参加していなかったり、

          先生からのメールに返信していなかったり、

          オンラインへのアクセスがないと、

          すかさず学校からJTCにも連絡が入ります。

          そして、すぐにアドバイザーさんから生徒さんに

          状況を確認して頂いています。

           

          こういった自主的な学習方法だと本人の意欲が試されますね。

          ちゃんとやっている子はしっかりとついていけていますが

          やらない子は全くやらない。

          ロックダウン、自宅待機を良いことに不規則な生活、

          ゲームやスマホを見てばかりいる子と大きな差が出ているようです。

          またオンラインだからバレていない、と思っているのかもしれませんが

          先生もしっかりとチェックしています。

           

          しかし考えてみたら、

          そもそも「学ぶ」ということは、受け身で与えられるものではなく

          こうして学ぼうとして自ら求める行為なのだなと改めて思います。



                      

          JTC通信(5) ‐回答編

          2020.05.08 Friday
          0
            .
            Kiaora tatou katoa!
            .
            昨日首相から新型コロナ警戒レベル2での生活がどのようなものになるか発表がありました。
            学校関係の再開、カフェやレストランでの飲食が可能になること、ショッピングモールでの買い物、プールやジム、図書館などのサービスの再開など具体的な話も出ていましたが、カフェなどでは基本的に自分の席に着いてサービスされるのを待つ、ショッピングモール内のお店でもこれまでのスーパーのように入場人数に制限を設ける、などまだ制限があるようですね。
            .
            来週の月曜日11日に、いつからレベル2へ移行されるかが発表になります。
            学校関係はレベル2に移行された日の翌月曜日から再開になるそうですので、最短だと18日(月)から再開されそうですが、11日の発表を待たなければいけません。
            .
            では、JTC通信(5)の回答になります。

            .

            .

             

            JTC通信(5)の問題記事へのリンク(News hubより)

             

            1.Alert Level 3はいつからですか。(  4月27日 11:59 pm  )

             

            2.Alert Level 3に変わると主要産業の仕事についている人たちが仕事に戻ります
            記事に主要産業として仕事に戻る人たちの3つのお仕事が書いてあります。その3つは何?( 建設業、製造業、林業

             

            3.食べ物のTake Outはできますか? ( できます )→ただし、注文はオンラインや電話で。注文した品物や支払いは直接接触をしない方法で受け渡しをするように言われています。

             

            4.髪の毛のカットはできますか? ( できません )

             

            5.ジムには行くことはできますか? ( できません 

             

            6.地域をまたいでビーチに行かれますか? ( できません )→ローカルのビーチはOKのため、このあいまいさが問題にもなっているようです。地域をまたいでの通勤はOKです。

             

            7.同じ屋根の下に住む人のバブルは拡大できますか? ( できます )→近所に住む家族や親族、ベビーシッターや介護のために必要な人に自分のバブルに入ってもらうことはできますが、できるだけバブルは小さく保ちましょう。

             

            8.学校が始まるのは何年生まで? ( Year10まで )→NZでは14歳未満の子どもだけで留守番させることは法律違反です。両親が仕事などで他にその子どもを見てくれる人がいない家庭でYear10以下の子どもは保育園や学校へ行くことができます。

             

            9.バー、カフェ、レストランはオープンしますか?  ( しません )→店舗での飲食はできませんが、テイクアウトのみ問題3の条件で許可されています。

             

            10.市営の図書館は開いていますか? ( 開いていません )→市立図書館で本などを借りたままになっている場合は、自動的に6月15日までの返却に変更されているそうですので、ご心配なく。

             

             

            JTCの留学生の皆さんは、少なくとも来週1週間はオンライン学習が続きます。

            これまでつい放置してしまった課題などもまとめて仕上げられると良いですね。

            担当の先生たちは限られた環境でしか生徒さんを確認することができませんので、できていなくてもそのことをしっかりアピールしておかないと、先生からは「課題を無視している生徒」と認識されてしまいますよ。

             

            警戒レベル4,3と長い期間、制限のある生活を強いられてきましたが、それぞれのJTCの生徒さんたちはホスト宅でとても頑張っていると聞いています。

            オンライン学習も出口が見えてきました。

            もうひと踏ん張り、頑張りましょう!

             



                        
            calendar
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << May 2020 >>
            ニュージーランド滞在ならJTC NZ
             他の英語圏と比べて比較的物価の安いニュージーランドへの留学、ワーキングホリデー、ショートステイはJTCにお任せください。 ニュージーランド設立の会社だからこそできる低価格のサポート費用をご提供いたします。 詳細は www.jtc.co.nz をご覧ください。
            ランキング参加してます!
            ★クリックお願いします★ にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
            にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ
            にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
            人気ブログランキングへ
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            links
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM
            2008JUGEMキャラコングランプリ
            キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」