クライストチャーチの立ち入り禁止区域バスツアー (再)

2012.07.03 Tuesday
0

    クライストチャーチの市バスが、シティ中心部のレッドゾーン(立ち入り禁止区域)のバスツアーを催行することを決めたそうです。

    以前にも行っているバスツアーの記事はこちらこちら。ちなみに昨年のツアーへの参加者は週末と夕方のみの運行だったにもかかわらず、6週間で28,000人を超えているそうです。

    そして、今回は、

    続きを読む >>

                

    クライストチャーチに津波サイレンの設備!

    2012.06.18 Monday
    0
       
      6月も半ばを迎え、今週木曜日(21日)はMid winterです。
      Mid winterは1年で1番昼間が短い日ですね、日本は季節が逆なので夏至。
      寒さも厳しくなったクライストチャーチの昨日の最低気温は−4℃

      そんな中、クライストチャーチに津波用のサイレンが設置されたとのニュースです。
      実際に稼動するのは7月1日からだそうで、7月22日の11時にはテストでサイレンが鳴るとのことです。
      万が一、本当の津波警報だった場合はサイレンが10分以上鳴るので、その際は避難!
      その後は毎年Day Light Saving(サマータイム)の始まりと終わりの日曜日にテストでサイレンを鳴らすそうです。

      このサイレンの設置にはなんと、NZ$550,000かかったそうです!
      Waimairi BeachからSamnerまでなのでその数を考えたらコストが掛かるのもわかるのですが。。。

      基本的にはクライストチャーチ界隈で起こった地震の津波は大きな規模のものはその地形上、大きな津波は起こらないのだそうで、主には南アメリカなどで起こった地震の津波対策になるのだそうです。

      過去2011年9月、2012年2月のカンタベリー地震の時にも「津波から逃げるのよ!」と必死で車を西の方へ飛ばしていた人が多かったことを思い出すと、やはり必要なのでしょう。


                  

      クライストチャーチの復興、何を優先させたい?

      2012.05.30 Wednesday
      0
         
        本日のThe Press(カンタベリー地方紙)のホームページにクライストチャーチの住民は何の復興を望んでいるかの記事がありました。


        続きを読む >>

                    

        クライストチャーチのトラム、年内復帰か?!

        2012.05.08 Tuesday
        0

          クライストチャーチの秋もすっかり深まりました。
          寒いです。。。。

          シティ中心部は相変わらず、ビル解体中。行く度に「このビルも取り壊しなのか」と見上げたり、更地を目の前に「ここは前なんだっけ」などと考えたりします。
          なじんでいた風景がなくなるのは悲しいですが、これも前へ進むため!
          時間はかかっていますが、クライストチャーチの復興は進んでいます。

          そんな中、明るいニュースも!
          ガイドブックのクライストチャーチのページには必ず載っている大聖堂とそして、トラム!
          そのトラムが、年内に復活の兆しありですって!

          Copy of IMGP0279.JPG



          続きを読む >>

                      

          クライストチャーチ大聖堂の取り壊しが始まっています・・・

          2012.03.27 Tuesday
          0
             
            昨年2月の地震以来、様々な論議があった(ある)クライストチャーチ大聖堂ですが、とうとう取り壊しが始まってしまいました。



            続きを読む >>

                        

            クライストチャーチ大地震で崩壊したCTVのレポートが発表されました

            2012.02.09 Thursday
            0
               昨年の2月22日に起こったクライストチャーチ大地震で亡くなられた方は184名、その半数以上の115名もの死者を出したのが、CTV(Canterbury Television - カンタベリーテレビジョン)ビルでした。

              そのCTVビルが建築基準を満たしていなかったというレポートが、建設省と建築の専門家達によって検査され、先程(NZ時間3:30pm)ようやく発表されました。ニュージーランド建築基準法は見直され、新しいガイドラインが制定されることになりました。

              レポートによると、

              1982年から1995年にかけて建てられた建物は基準が甘く、支柱が側面にかけて延性、もしくは柔軟ではなくもろくなっていたことが原因であのような悲惨な状況なってしまいました。
              また、建物の構造自体も原因だそうです。
              東側の壁の支えに大きな比重が掛かってしまい、それを支えきれない下のほうの階の支柱から崩壊していってしまいました。
              一昨年の9月4日のクライストチャーチ地震の時点で、既に建物は被害を受けていたそうです。しかし、クライストチャーチ市は建物を”安全”と判断してしまったのです。
              要するに、頭でっかちの建築設計、そしてそれを支える柱が一昨年9月の時点でもろくなっていたところに大地震がきて崩壊してしまった、というのです。

              CTVビルの中には、テレビ局、病院、そして65名の学生さんが亡くなってしまった語学学校がありました。

              JTCではCTVビルの崩壊と関わりが無かったわけではなく、亡くなられた学生さんのなかにはJTCのサポート会員さんもいらっしゃいました。

              今後、司法当局による追求もありえるとニュースは伝えています。

              レポートが出るまでにかなり時間がかかったようですが、
              今後のビル建設の際に役立ててほしいと切に願います。



                          

              続・数字で見るクライストチャーチ地震後

              2011.12.13 Tuesday
              0
                 
                クライストチャーチでは、Earthquake Recovery update(地震後の復興状況)というタイトルで、定期的に発行している情報ペーパーがあります。
                先日うちのポストに入っていた第5号からの紹介です。

                8,000・・・50回行われたCERA(地震復興委員会のような組織)のコミュニティーミーティングに参加した人の数

                173,000・・・各住宅のオーナー宛に出されたそれぞれのゾーンについてアドバイスの手紙の数

                185,500・・・月ごとのアップデートの様子がわかる発行物を受け取った家の数

                366,000・・・土地のゾーン分け、基礎のガイドラインの情報を受け取った家の数

                20,500・・・CBD(シティ中心部)のレッドゾーンへ大聖堂を見に訪れた人の数

                30,000・・・CBDレッドゾーンバスツアーに参加した人の数

                20,000・・・Re:Startと名づけられたCashell Mallをオープン最初の週に訪れた人の数

                15,000・・・Addintonで行われた家のエキスポに訪れた人の数

                67,000・・・CBDレッドゾーンバスツアーのビデオを見た人の数

                10,000・・・Cathedral大聖堂 Walkのビデオを見た人の数

                5,000・・・CERAのウエブの1日の閲覧数


                            

                クライストチャーチ大聖堂を見てきました。

                2011.12.02 Friday
                0
                  CIMG7366.jpg
                  先週週末から、週末のみですが、大聖堂付近まで歩いて見に行くことができるようになりました。
                  こちらも期間限定で、12月11日まで、週末のみ開放されています。
                  入り口はCashel Mall(Re: START)のColombo Streetのところからです。


                  続きを読む >>

                              

                  クライストチャーチ、レッドゾーン・バスツアーの続報

                  2011.11.23 Wednesday
                  0
                     
                    クライストチャーチでは、11月5日から週末のみ、
                    CBD(シティ中心部)立ち入り禁止区域へのバスツアー
                    を催行しています。(12月11日までの予定) 
                    詳細はこちらをどうぞ!

                    本日の The Press によると、
                    続きを読む >>

                                

                    クライストチャーチ、レッドゾーン・バスツアー

                    2011.11.03 Thursday
                    0
                       
                      今週末(11月5日)から12月11日までの間の週末のみ、クライストチャーチCBD(中心地)の立ち入り禁止区域内のバスツアーが催行されます。
                      2月22日の地震以来、一般の人が立ち入ることができなかった区域です。

                      バスはこの期間、土曜日は午後2時から6時、日曜日は午前10時から午後6時まで運行され、乗降車は、Cranmer Square(ハグレー公園近く,Cashel Strretの辺)になります。基本的に一旦バスに乗るとツアー終了までバスを降りることはできません。万が一、ツアー中に大きな地震が起こった際はバスを降りますので、ビーチサンダルやハイヒールではないしっかりした靴を履き、着古した( ? 新しかったり高価じゃない)服を着てくること、と注意されています。

                      Cera(Canterbury Earthquake Recovery Authority、地震復興委員会のような組織)は、全てのバスに乗る人を把握する必要があるそうなので、このツアーに参加する場合は事前に予約が必要になります。 予約は、0800 7464 2372 に平日の午前8時から午後5時の間に電話します。予約をしないと乗れません。 予約時には、コチラの規約に同意するかどうか聞かれるそうですので、電話をする前にご一読ください。

                      気になる料金は、A gold coin contribution、つまりゴールドコイン(NZ$1かNZ$2)の寄付だそうです。

                      もっと詳細を知りたい方は、コチラ。


                                  
                      calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>
                      ニュージーランド滞在ならJTC
                       他の英語圏と比べて比較的物価の安いニュージーランドへの留学、ワーキングホリデー、ショートステイはJTCにお任せください。 ニュージーランド設立の会社だからこそできる低価格のサポート費用をご提供いたします。 詳細は http://www.jtc.co.nz をご覧ください。
                      ランキング参加してます!
                      ★クリックお願いします★ にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
                      にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ
                      にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
                      人気ブログランキングへ
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      2008JUGEMキャラコングランプリ
                      キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」